〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-2055-1
医院について

院長紹介

院長 下村 文二朗
皆さんは、バオバブの木をご存知ですか?
バオバブは、アフリカの広大な大地にどっしりと根をおろし、乾燥したサバンナで生きる野生動物たちに気持ちよく過ごせる木かげを提供してくれます。 私たち赤塚どうぶつ病院は、飼い主様と愛するパートナーにとっての“バオバブの木”になりたいと考えています。 動物病院と聞くと緊張される方もいらっしゃると思いますが、まずは愛するパートナーのお話をお聞かせください。心配なことや悩んでらっしゃること、嬉しかったこと、どんな些細なことでも構いません。それぞれの想いを伺いながら、飼い主様とパートナーにとっての最良の治療を目指します。そして、“赤塚どうぶつ病院”で過ごされる時間が、動物たちがバオバブの木かげで過ごす時のような、安心できる心地よい時間となりますよう、スタッフ一同取り組んでまいります。

院長略歴

出身地
水戸市で幼少時代を過ごす。
出身大学
日本大学生物資源科学部獣医学科卒
勤務医歴

千葉県の動物病院にて勤務
2016年3月、水戸市赤塚に『赤塚どうぶつ病院』を開院
所属

獣医皮膚科学会所属
獣医アトピー・アレルギー・免疫学会所属

医院のコンセプト

1.動物や飼い主様にリラックスして頂ける病院を目指します
2.飼い主様の想いを大切にします
3.予防医学にも積極的に取り組みます

1.動物や飼い主様にリラックスして頂ける病院を目指します
環境の変化に敏感な動物にとって、病院に来るということはとてもストレスなことです。そこで、当院ではワンちゃん、ネコちゃんの診察室および待合室を分けることにより、 大切なパートナーが心地よく過ごせるように、細心の注意を払っております。 また、外にベンチを設けておりますので、こちらでお待ちいただくことも可能です。

2.飼い主様の想いを大切にします
飼い主様のお話を丁寧に伺いながら、その子その子に合った治療法や予防法をご提案いたします。その際、疑問に思うことや不安なことがあったら、遠慮なくご質問ください。症状を含めご質問に対して、分かりやすい言葉でご説明いたします。

3.予防医学にも積極的に取り組みます
予防接種はもちろん、定期健診やデンタルケア、スキンケアを行うことで、病気を未然に防ぐことができる場合もあります。当院では、このようなケアを重要視し、病気の早期発見、早期治療に努めます。

施設紹介

facility






赤塚どうぶつ病院

住所
〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-2055-1
TEL
029-357-2449
FAX
029-357-6710